スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

心斎橋の中心で愛を叫ぶぅ~♪「後編」

さてさて、お待たせいたしました。 後編行きますっ!!

まるでオスカー様がそこに立っていらっしゃるかのようなクラクラメロメロする賢雄様に
笑顔でお礼を言いつつ
隣で待ってらっしゃる奨様の前へ・・・

ここで、わたしが賢雄様とお話している間に 当然の如くるるっ仔は奨様に相対していたわけで・・・
このときにるるっ仔が何を話して 奨様がどう返してくださったのか、
わたしは知らなかったんです。 だって・・・わたしの目の前賢雄様だったしさ。
ただ、奨様の「いくつ?」ってお声だけはわたしの耳に届いてきてたんですが・・・
そこで帰ってから るるっ仔に聞いてみました。
「ねぇ、奨様と何を話したの?」って。
ココから下はるるっ仔の証言を元に文章が成り立っております。
一部に誤りがあるやもしれませんが・・・まぁ、許してたもれ<(_ _*)>

まず 賢雄様と話し出したわたしを置いて るるっ仔は1人テケテケと奨様の前に歩み寄る。
前に立ったらいきなり「いくつ?(わたしに聞こえたやつだ)」と訊かれたそーです。
るるっ仔は「11です」と答えたらしい。
その後、奨様にも賢雄様に言ったのと同じことを話し出したらしい。
(この辺、子供やな・・・まだまだ応用力が足りないな(-_-;))
「どーしてもイベントにお母さんと行きたいので・・・大阪でやってくださいっ!!」と言ったそうな。
それで? それに対する奨様の返事は何だったの?と尋ねると・・・
るるっ仔、首を傾げながら「・・・へぇ~~・・・って言ったと思う・・・」だと!
るるっ仔 かなり首を傾げて考えている。
子供ゴゴロにもこの返答はどこかがおかしいと思っているのだろうか?
この場合の返答に「ふぅ~ん」ならわかる、しかし「へぇ~~」というのは何なんだろう?
「へぇ~~」って言うのは感心するときに使うもんではなかったのかっ!?
それとも・・・関東方面では違う使い方があるんだろうか・・・
以前、わたしが日記に書いた『メバチコ(ものもらい)』が関東の方にはわからなかったように・・・
しかし、ココで気づく! 奨様は確か・・・兵庫県出身ではなかったのか(;= =)
この「へぇ~~」の意味がわかる方がいらっしゃったら、是非にわたしに教えて欲しいと思う今日この頃・・・
奨様vsるるっ仔の軍配は奨様に上がったということか・・・

さて、そんな会話が奨様とるるっ仔の間で交わされた後、賢雄様にメロメロしたわたしが奨様の前に到着。
ニッコリ笑ってその手を差し出してくださる♪
少し俯き加減のわたしの目の前には 今にもヨダレを零してしまいそうなピッタリ革パンツがっ!!!!
ああ、奨様 貴方のファッションセンスが大好きよぉ~(はーと)
そんなことを思いながら 差し出された手を握らせていただく・・・ハッ!(@@;)
ココでわたしはドキッとしてしまったっ!!
だって・・・この手は・・・いやこの手の手は・・・
毎年夏でもお手手の感想肌に悩むワタシには羨ましいくらいの・・・う、、、潤いに満ち溢れた手だったもんで・・・(かなり言葉を選んでます(-_-;))
わたしはこんな手をもうひとつだけ知ってる。
それは・・・イエローモンキーのボーカル吉井和哉氏の手だ・・・
あれは数年前、神戸でのライヴを最前列で観ていた時に吉井さんがステージから降りてきて
今日このときの奨様と同じように手を差し出してくれたんだ。
一瞬何が起こったかわからなくてホケェ~とした後、その手を握り返したときに音が聞こえたような気がした・・・『グチュッ♪』って(;= =)
そんなことを考えていたのが悪かったのか、わたしが奨様に発した言葉は・・・『手が・・・(グチュッ♪って言ってるぅ)』だった・・・
そんなこととは思ってなかったであろう奨様、返してくださったお言葉は「うん?大きい?」だった(-_-;)
そうだ! 『いえ、グチュッていってるんですけど・・・』などと言えるわけがないっ!
ココロの声まではいくら光の守護聖ジュリアスの奨様といえど聞こえるはずはあるまい。
・・・と思いなおして 「ええ、わたしの手が小さいから大きい手ってとても素敵ですよね(はーと)」などと言いながら
握っていただいた手をアッチに向けたりコッチに向けたりしてみた。
奨様は「ふふっ、ありがとう」とニッコリ微笑んでくださっています・・・るるっちぇ、ちょっぴり罪悪感(-_-;)

その後、「またイベントでお逢いできるの楽しみにしてます♪」などと言いながら その場をしのいだのでした。
そして、舞台の端っこの方で待ってたるるっ仔と一緒に階段を下りようとしたら
後ろから「11だってぇ~~・・・」という奨様のお声が・・・
何のこと??? いや、るるっ仔の年のことだとはわかるんだけど・・・何で今頃???
速水奨様・・・多分まわりにいる方はみんなを楽しい気分にしてくださる方だなと・・・

さぁ、握手会も終わりお世話になった某専門学校を後にして地下鉄心斎橋の駅へ。
この辺でようやくボケェ~としてた気分からも幾分解放されて るるっ仔と話し出す。
よかったねぇ~、素敵だったねぇ~~、カッコよかったねぇ~~なんて。
すると・・・るるっ仔が突然言い出した。
「ママ、さっき賢雄様がママのこと「若い、若い」って言ってたときにるるっ仔黙っといたったで、
『当たり前やん、ママこの為に朝から13日の金曜日のジェイソンみたいなパックしてたのに』っていうこと・・・( ̄ー ̄)ニヤリ」やと・・・
おまけに
「だからな、大きなエビフライ食べて帰ろうなっ!!」やとぉ~~~(T◇T)。。。
そうです、その後大阪梅田まで戻ってきて特大エビフライ食べさせましたとも(-_-;)

そして、食べながらるるっ仔に賢雄様と奨様の感想を聞いてみる。
「るるっ仔、賢雄様はどうやった?」と聞くと「むちゃくちゃカッコよかったーーーっっっ!!!」と言う、うんうん。
「んぢゃ、奨様はどうやった?」と聞くと「むちゃくちゃおもしろかったーーーっっっ!!!」と答えよる。
このカッコよかったとおもしろかったの差はどこにあるんやろうと 考えているとるるっ仔が口を開いた。
「ママ、賢雄様もアレだけカッコよかってんから置鮎さんは絶対にもっともっとカッコいいで!!」
「今度は置鮎さん見に行こうなっ! んでそんときもママどんなに寒くってもミニスカートはいて行ってな! あっ、それから 置鮎さんのときには朝じゃなくて1週間くらい前からパックしといてな♪」やって・・・
ヘヴンの中嶋様ぢゃないけど「オマエはオレに何を求めている」って感じか(-_-;)

そんな会話を交わしながら 帰りの電車に乗り込みました。
電車に乗って、その後はバスに乗ったらお家に帰りつきます。
いつも乗り物に乗ったらすぐに寝てしまうるるっ仔ですが、今日はさすがにハイテンションなのか
眠らずにおとなしく座席に座ってます。
さぁ、もう降りる駅に電車が止まるわよっていうくらいのときになって
車内に大音量で鳴り響きだした『BL学園校歌』・・・そう、わたしの携帯です(-_-;)
慌てて電車を降りて 携帯に出てみると・・・うちのダンナちゃんです。
「今どこ?後どのくらいで帰ってくるの?」って。
おかしい・・・普段こんなことで絶対に電話してなんて来ないのに。
「まだバスに乗るけど、バスの発車時間まで20分くらいあるけど・・・どーしたん?』と聞いてみると
「いや・・・鍵忘れてん・・・」と言いよるっ!!
今日はやたらと機嫌のよいわたし。
「しょうがないなぁ、タクシーに乗って帰るわ、寒いやろ?」と言うと
「んぢゃ 待ってるわ」と電話が切れた。
そして駅からタクシーに乗って帰ったら、真っ暗な玄関の階段にこれまた真っ黒のジャンバーを着てたせいで
黒い塊にしか見えなかった うちのダンナちゃんが座ってた・・・
かなり不審人物っぽいぞ。
 
そして、ダンナちゃんは待ちに待った暖かい我が家へ~~。
その後はるるっ仔の怒涛のおしゃべりにつき合わされるのでした・・・(-_-;)

嗚呼、長い1日は日記も長かったよぉ~。
以上、「ゲームSSDS(発売してないけど)発売記念イベント」のレポ完了致しましたっ!


では最後にうちがドールサイトだという片鱗を見せておく為に 
先日から描いてたLMヘッドの「ビーナス三部作」をばっ!
05-03-02.jpg

スポンサーサイト
[ 2005/02/28 13:56 ] イベント | TB(-) | CM(0)

心斎橋の中心で愛を叫ぶぅ~♪「前編」

やっほぉーーーっっっ!! 行ってきましたよぉ~ん♪
先月の初めにるるっ仔と正月明け早々アニメイトに駆け込んでゲットした
SSDSのイベントチケットを握り締めて 大阪は心斎橋まで(^_^)

とにかく、この日のためにワタクシはほぼ2ヶ月 トイレで手を洗う以外は
素手でお水を触りませんでした!
ゴム手袋っていうありがたきシロモノと生涯かつてなかったほどに仲良しに・・・
それもこれも今日この日の握手会のため(*/∇\*)

オマケに普段家からあまり出ることのないわたしなので この大事なお出かけ前の1週間は何の予定も入れず自宅待機。
だってほら、風邪とかになっちゃうと困るぢゃなぁ~い。
蒼さんや「う○ぎの楽園」のあきみさんとお出かけしようと誘っていただいたのも泣く泣く事情を話してお断り(T_T)
蒼さんには「納得でけへんけど・・・しやぁ~ないな」と言われ
あきみさんに至っては「そうですかぁ~・・・でもソレってるるさんのトークショーじゃあないんですよねぇ~」などと。
あ、、、あきみさん・・・その天使のような優しい声でサラ~と核心に触れてくるヒィィィィィ(゚_゚;ノ)ノ

取り合えず今日は日曜日だけどダンナちゃんはお仕事に行くので
いつもと同じ時間に起床。
シッカリと睡眠をとっておくために 前夜は『学園ヘヴン おかわりっ!』を控えめにして早くに就寝。
イベントは15時半開場で16時からだったので 家でゆっくり・・・なんてしていられませんっ!!
ダンナちゃんを送り出した後は バタバタと家の用事を済ませ、「ここぞ!」というときに
登場させる『勝負パック(ワタクシ命名)』などをして 13時過ぎにはるるっ仔と家を出ました。

さて、何故今回るるっ仔が一緒なのか?
ホントは ワタクシの『魔導の師匠 kuby様』と行くはずだったんですが
くびしゃんが仕事と確定申告が忙しいために来られなくなって るるっ仔にお鉢が回ってきたのです。
るるっ仔大喜びっ!!

そしてバスと電車を乗り継いで無事心斎橋へ・・・
電車なんか乗るのどれくらいぶりよ?という感じでるるっ仔よりもキョロキョロするわたし(-_-;)
心斎橋に着くと会場は徒歩2分くらいのすごく近いところでした。
会場(大きな専門学校の1室だったんだけど)に入ってみると、ロビーのところにすでに行列が出来てました。
るるっ仔とわたしもソコに並ぶぅ~~。
しばらく待って開場時間になったら 地下の会場まで誘導されました。
会場はね・・・かなり小さい感じのところ。
小さなステージがあって 折りたたみ式の椅子がズラッと並べられてました。
ズラッとと言っても横が広いところで20席、縦には10列くらいのところだったです。
るるっ仔とわたしはそのちょうど真ん中くらいに座ってました。

さぁ 後は開演されるのを待つだけ~。
この後に及んでるるっ仔は「高橋(直純)君やったらよかったのになぁ~~はぁ・・・」とのたまう!

アニメイトが主催だったので アニメイトの係りの方がイベントの注意事項などを話し出す。
そーだそーだケータイの電源を切らなくっちゃ。
などと思ってカバンの中から取り出して 電源を切るべく開けると・・・ソコには愛しい和様の待ち受け画像が(」゜ロ゜)」
イケナイイケナイ・・・今日ばかりは場違いだ・・・

そんなことをしているうちに係りの方が「それでは速水奨さんと堀内賢雄さんの登場で~~すっ!!」と紹介してる。
どっから出てくるの?なんて思って周りの様子を見てみると・・・どうやら舞台袖というものはないらしく
後ろの小さなドアから白衣に聴診器をぶら下げたお2方がっ!!
わたし達は真ん中の通路際に座ってたので 奨様がるるっ仔の横を通っていかれました・・・

そして、トークショーが始まったのです~~♪
取りあえずご挨拶などをされた後 「発売記念イベント」なのに未だ発売されていないゲームのプロモビデオのよーなものを見せられる。
ココではっと思い出す「そーか、このゲーム予約してたんやっけ・・・」ということを(-_-;)
予約はしたものの、いったいどんなゲームなのかわたしにはサッパリ理解できていない。
そして・・・プロモビデオを見終わった後も・・・全く理解できていない(-_-;)
そんな方が多かったのか否か、5分ほどのビデオを見終わった後は『質問&診察』コーナーが展開された(@@;)
「質問」はおわかりになるだろう、しかし「診察」とは何ぞやっ???
ふふふ、このSSDSのイベントをご存知の方ならわかるでしょう。
わかりやすく例をあげると「わたし、○○で困ってるんですけどどうしたらいいでしょうか?」というようなことに
イベントに参加されたドクター達が回答してくれる・・・これをSSDSでは「診察」と呼ぶのです(;= =)

・・・しかし・・・このコーナーが終わった後もわたしはどんなゲームを予約したのかわからない・・・
ただプロモビデオの中で『ロボット対戦ゲームか? はたまた恋愛シュミレーションか??」などと
解説されていたのが ヒジョーに気になるんですが・・・(ーー;)

さて、そのようにしてトークショーも無事に終わり 握手会の会場準備のためにお2方はまた一時後ろの小さなドアへ消えていかれました。
またまたアニメイトの方から 今度は握手会のための説明があって 
再度 「それでは速水奨さんと堀内賢雄さんの登場で~~すっ!!」の声と共に会場内に現れた奨様賢雄様は・・・衣装替え。
賢雄様は細身のパンツのダブルのスーツ。 Yシャツの前はボタン2つほどはだけられてて
その胸元から小ぶりのネックレスがっ!!  ああ・・・何て素敵なんでしょ(*mm)
奨様は細身のボディにしか似合わないような ピッタリした黒の革パンツ(EMMAさんみたいのよっ!!)
赤やオレンジっぽい花柄(?)のテラテラした薄手のシャツブラウス(ほら、吉井和哉さんがよく着てたよーなやつよっ!!)・・・
最近はあまり話題にものぼらなくなりましたが 昔からうちの掲示板に来ていただいてる方ならご存知のはずっ!
そう! わたしはものすごい八重歯・ピッタリ革パンフェチなのです~~♪
もうね・・・ヨダレもんですわ・・・と言うか、ハナヂもんですな・・・( ̄ii ̄)ハナヂガ、、、

そして握手会開始~~っ!!
横列10人くらいずつステージ上に誘導されていきます。
それまではお席に座って待ってればよかったんで すごくラクでしたよ♪
ステージ上では、会議机みたいのが2つ横並びに並べてあって賢雄様→奨様の順でお話されたりプレゼントを受け取られたりしながら握手していただけるみたいです。
そんな様子を眺めているうちに 「ではお待たせいたしました」とアニメイトの方に誘導されてステージの方へ。

わたしはココでかなり不安に・・・
いえ、わたしのことではなくてるるっ仔のことなんだけど・・・
るるっ仔はわたしや家の者には表情豊かにいろんなことをウルサイくらいしゃべりまくるのですが、
知らない人や初めての人には恥かしいのか「こんにちは・・・」と言うのが関の山。
おまけににこりともしない無表情で・・・(-_-;)
今まで このるるっ仔の対応をまぬがれた初対面の人は「矢李ちゃん」しかわたしは知らない。
それも「ドコでもドバーーーっ!!」などとドラえもんの「ドコでもドア」をパクッた挙句
ゲロを吐きかける真似をすると言う 何ともお下劣なギャグのチカラを借りて・・・¬(  ̄ー ̄)┌
まさか、奨様や賢雄様がそんなことをしてくれるとは思えん(ーー;)
まぁ・・・しょうがないな、わたしに似て恥ずかしがり屋で社交性に欠けるからな。
「こんにちは」の一言くらい言えれば るるっ仔にしてはよくやったの部類だなと思って列に並んでました。

そして・・・わたしの前にるるっ仔がいたのでるるっ仔が先に賢雄様の前に・・・
・・・・驚くことにるるっ仔が何かしゃべっておりますっ!!
賢雄様はるるっ仔の手を握りながらるるっ仔の顔の高さまでお顔を近づけてくれて「うんうん」と聞いてくださってますっ!!
何言ってるのかな?とわたしも耳をそばだててみる・・・と、
どうやら「お母さんと一緒にイベントを見に行きたいので大阪でもイベントやってください・・・東京だとるるっ仔行けないから・・・」
そ、、、それ以上は言うな!るるっ仔っ!!
その後に続く言葉をわたしは知ってるぞ!ソレはこうだ!!「ママが1人で行っちゃうから」に違いあるまい?
しかし、横からわたしの殺気を感じたのかるるっ仔はそこで話題を変える。
「CDもいっつもお母さんと聴いてます・・・だから・・・これからもがんばってください!!」だと。
おまけにニッコリ笑ってる・・・ヒィィィィィ(゚_゚;ノ)ノ
賢雄様は「ありがとうね」と言いながら るるっ仔のアタマをナデナデしてくださってます(母感動(/_;)クスン)
そして賢雄様は「今日はお母さんと来たの?」とるるっ仔に聞いてらっしゃる、るるっ仔も「ハイ」などと返事をしている。
るるっ仔の前の方はどう見ても「ソレはないやろう」と言う位若いお嬢さんでした。
賢雄様は・・・キョロキョロとあたりを見回していらっしゃる・・・まだお席に座っていらっしゃる方の方にまで視線を彷徨わせていらっしゃる・・・
・・・あの・・・ココ、ココなんですけど・・・ほら、すぐ横にいるんですけど・・・母は。
知らないフリをしよっかなぁ~なんてアタマをよぎったんですが、るるっ仔に袖を掴まれて
お母さんココ!って言われるよりはマシかと思い、るるっ仔のそばまでいって御挨拶させていただきました<(_ _*)>
る「スイマセン・・・お世話かけますがよろしくお願いします」
賢「えっ、お母さん? 若い~~・・・」
る「いえ・・・ちっとも若くないんです・・・」
賢「いやいや、若いよぉ~~」
と・・・わたしの手を握りながらニコニコ笑って仰ってくださってます。
ああ・・・もうアタマの中真っ白へ(゚◇゚ )ノヽ( ゚◇゚)へ
そしてココロ密かにうちのダンナちゃんに感謝。
何故かって? 1ヶ月ほど前にダンナちゃんに「このイベントに行くけど何着て行ったらいいかな?」と聞いたら
ヤツはまず「何見に行くの?」と聞いてきたのでこんなこんなイベントだと説明。
するとダンナちゃんは迷いなく言い放った「自分よりも年上のおじちゃん2人(嗚呼、奨様賢雄様ゴメンなさい、うちの失礼なダンナちゃんを許してたもれ)やな、
ほんなら絶対にミニスカートやっ!! それも派手なヤツとかハードな感じのはアカンで、
絶対にジーンズとか引きずるよーなスカートはやめとけっ!!」と・・・
そして、1週間くらい前に「こんな具合かな?」と我が家でファッションショーが開催されて
うちのダンナちゃんが「コレやったらどっからどー見てもるるっ仔がおるようには見えへんやろ、OKやっ!!」と合格をもらったお洋服着てたんです。
たまには素直に言うこともきいとくもんやなぁ~と思いました・・・

そして、わたしが賢雄様とおしゃべりしだしたのでるるっ仔はお隣の奨様の前へ・・・
そのるるっ仔を見送りながら賢雄様が わたしに仰ったのです。
「いやぁ~、先が楽しみなくらい別嬪さんですね」って・・・えっ?わたしのこと???
違うってば。 わたしの先なんてさ・・・(〃_ _)σ∥・・・シワクチャo(T□T)o
気を取り直して「いえ、そんなことないです~・・・オタクっぽくて・・・」と言うわたしに
賢雄様は・・・賢雄様は・・・まだ握ったままだった手をクイッと引いてお顔を近くに持ってらして
こう仰ったのです・・・「あなたがそうさせるんでしょ?・・・ニコッ」って・・・
わたし、もう耳から何かが流れるような気がしました・・・素敵すぎてv
いや、オタクがどーしたとかるるっ仔がどうとか そんなことぢゃなくて
もう、そのカッコよすぎる動作・・・あんなことサラッとやってのけておまけに似合う方なんて絶対にいないと確信したもん!
蒼さんには既に耳にタコが出来るくらい『素敵なおじさんなんかいてないねんっ! おっさんはみんなおっさんやねんっ!!』と言われ続けてきましたが・・・
蒼さん、『素敵なおじさま』は実在するのよ、わたしは今日この瞳でバッチリ見たっ!!

さて、その後わたしはフラフラとしながら奨様の前に向うわけですが・・・
るるっ仔vs奨様も含め 奨様レポは明日に持ち越したいと思います~。
だって・・・そこから家に帰りつくまで書くと今日の日記が果てし無く長くなるんだもん(-_-;)


このイベントの様子は奨様の日記に小さなお写真が載ってました。
お写真では1回目の模様のようで わたしが書いたお洋服とは違うものを着てらっしゃいますが是非見てみてくださいませ。
奨様のサイトはコチラ!
青いアンモナイトをクリックするとDIARYに行けます。


それでは、また明日~~(=∇=)ノ~
[ 2005/02/27 22:44 ] イベント | TB(-) | CM(0)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。