スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

観たっ!! 祥慶祭DVD

ホントは・・・1日の夜、観た直後に感想を書こうと思ってたんですが
鑑賞後はグッタリと疲れ果て(ハルタンのおかげで(-_-;))書けなかったです。

と、とにかく書いてみよっと。
今回、わたしが購入したのは『フルハウスキス祥慶祭ライブ2006 ラ・プリンスアソート (豪華パッケージ仕様) 』などという長ったらしいタイトルがついた1品。
通常版のDVDにはついていないいろんなものが盛りだくさんで入ってきました。
とりあえず中身はこんな感じ↓
06-04-01.jpg

後ろに見えるのはパンフレット、それにDVDに、ミニドラマCDに
なんと・・・ラプリンス仕様のペンライト・・・・(家で見ながら使えってことか?)
そうそう、この他にもファスナー付きのビニールバックみたいなものまでセットされてたな。

そして、肝心の中身、DVDなのですが。
るるっ仔と2人並んで座って観始めましたよぉ~~。

オープニングの後、始まったは一哉君の『月光輪舞曲』。
おお~、荻原さんだよぉ~~っ!!
などと思ってたのですが・・・なんだ?何かが違う・・・???
ここで気づいたね、これ、ライヴ映像にCDを被せてあるんだっ!(」゜ロ゜)」
その後の依織君、瀬伊君のお歌もこれに同じ。
どうやらライヴ本番では皆様ちゃんとお歌いになってたらしいですが・・・
聞くところによると 皆様かなり歌詞を忘れたりいろいろと・・・あったらしいです。
その為かどうかはわかりませんが、このライヴDVDの間中
ナマ歌がそのまま使われてたのはハルタンだけでした(-_-;)
それってどーよ? ライヴDVDなんぢゃなかったの???
なんて思うわけですが・・・そのまま入れちゃうと各所マズイところがあったんだろうな、と
ちょっぴりカプ○ンさんに同情(;= =)
しかし、こういうのを観ると改めてコー○ーさんのネオロマライヴの完成度の高さを思い知らされますな。
ちょっとくらい間違えることはあっても 皆様ほぼ完璧にこなしながら
しっかりと踊りながら歌ったり、ジャケットプレイで悩殺する余裕があったり、
ティムカに至っては、飛び出て歌うという演出までこなす(-_-;)
努力の跡が垣間見えた気がしますな。
そう言えばハルタンはネオロマイベントにも出演されてましたな( ̄m ̄*)ププッ

でも そんなことは言っててもドラマ部分になると「ほぉ~~♪」となるわけで。
ナル君から瀬伊君の声が出てきたり、櫻井さんから麻生君の声が出てきたりしたときには
初めて賢雄様からオスカー様の声が出てきたのを目の当たりにしたときの
感動を思い出しましたっ!!
あ、望さんはもう最初からいおりんに見えてたので・・・(* v v)。

望さん、可愛かったなぁ~~。
あんなにニコニコ笑ってるよぉ~~ん♪とるるっ仔と興奮。
しかしすかさずるるっ仔が隣で言いました。
「でもるるっ仔、若いときの望さんの方が好きかなぁ~」だって。
そりゃな、チミがいつも見てるビデオの中の望さんは24歳の頃の
女の子と見間違う可愛らしさの望さんだからな・・・(-_-;)
そんなるるっ仔の♡を掴んだのは なんとハルタンっ!!
歌もそうですが、あの独特のしゃべり方に終始笑い転げてました。
そして・・・DVDを観終わった後にはるるっ仔はすっかりハルタンしゃべりになっておりました(ーー;)
それからそれから、何と言ってもナル君っ!!
『動くナル君』を見るのは初めてだったんですが・・・
もうね、動いててもたまらないくらい可愛らしかったぁ~~(*/∇\*)
首に巻いてたマラボーの端と端を持って思い切りキュゥ~~と締め上げて
あげたいくらいに可愛かった(←愛情が表現がイビツですが、まぁ、気にせずに)
「今年はカッコよくなる」なんて言ってらしたけど、
可愛いそのままで、もう十分でございます(≧∇≦)ノ彡 バンバン!
・・・というくらいに興奮。

そんな感じでわたしとるるっ仔の祥慶祭は終わっていったのですが
本編の他にもメイキングが少しとかスペシャルムービーなんかが入ってました。
しかし・・・このDVDは結局声優さん萌えを楽しむものなのか
キャラ萌えを楽しむものなのか・・・かなりどちらも中途半端だったかも。
もうちょっとどっちかに焦点を絞ってくれた方がよかったかな、と思います。
櫻井氏は歌わない方向のようで、麻生君の曲は2曲とも
最後の方にキャラのPVのような構成になってたけど
キャラ絵が出てきてクルクル回ってるのを延々2曲分も見せられたときには
眠りの淵に誘い込まれてるのか。。。はたまた何かのサブリミナルか???
なんて思ってしまいました。
そして『薔薇PILGRIM』のなんとも摩訶不思議な編集にも呆気に取られてしまいました。
この曲、薔薇 とつくだけあってバラの花びらが舞い散ってたり、
他の曲では粉雪が渦を巻く勢いで降ってたりするのを見ながらるるっ仔が・・・
「サブちゃんが出てくるの?・・・だってコレはサブちゃんの演出だもん」などとのたまってました。
北島三郎ファンのうちのるるっ仔・・・サブちゃんとラプリを同じ脳内に
入れていたのかと思うと 親としてはちょっと心配になる一幕でございました(-_-;)


と、いろいろ書いておりますが わたし的には十分に楽しんだDVDでございました(^_^)

[ 2006/04/03 13:46 ] ゲーム・CD・DVD | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。