スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

入院レポ その3

さて・・・めばちこ切除を決意したワタクシでございますが
このめばちこ切除、過去にも1度同じ病院の眼科にて施術していただいたことがあります。
アレは確か・・・今から遡ること20年ほど昔?
当時は下瞼の裏側に出来てて痛くも痒くもないけど目の下がポコッと膨らんでる感じ。
触るとコロコロするし「何かな?」って思って眼科に行くとすぐに「切手おきましょ」と言われ切除することに。
その時は切ったことなんてなかったから「ふぅ~ん」くらいの気持ちで
看護婦さんに言われるがまま別室にあったベッドの上に。
するとな、よくテレビの手術場面なんかで使われる患部にかける緑色の布、
あれの真ん中に丸ぅ~い穴が開いてるのを顔にかけられた。
そう、丸ぅ~い穴からは片目だけのぞいてる・・・
このあたりから思いっきりビビリだしたワタクシ。
そのワタクシを看護婦さん3人ほどが取り囲み、押さえ付け(←いや、マジですから)
下瞼に麻酔注射ぁ~~きゃぁぁぁぁああああ~い、、、痛いっ!!
その直後先生がめばちこ切除の為に執刀!
もうやめてぇぇぇぇ~~ってくらいむちゃくちゃ痛かった。
動いてはアブナイと思っていても本能が逃げようとするのよ。
それを看護婦さんが渾身の力で押さえつける(-_-;)
めばちこ切るのってこんなに痛いもんなの?って思ったけど初めてだったので
これでいいんだ、と思ってた。
終わって眼帯されて大きな病院なので玄関ロビーで会計を済ませ
うめくように痛い中お薬を出してもらう順番を待ってる間
ロビーの椅子におとなしく座ってました。
するとな、どんどん痛い目が痺れてくるのよ。
んで、あら不思議!お薬をもらう頃には痺れてほとんど感覚がなくなってて
痛くもないのよ。
・・・という事は・・・あの医者、麻酔が効いてくる前に切りやがったな( ̄□ ̄;)!!

と、いうような経験をしてたもんで今回のめばちこを切るのもかなりの勇気を必要とするわたし。
眼科の先生の前で「もう切ってください」という頃には半泣きよ(/_;)クスン
以前のときとは診察室も様変わりしてて 前回わたしが乗せられた処置用のベッドは
違うところに移されてたけど、今回もやはりそのベッドに乗せられる。
そして、むちゃくちゃ痛い麻酔を今度は上瞼に2本打たれる。
(この麻酔がもしかしたら切られるときよりも痛いかもしれません)
その後、今回は「麻酔が効くまでちょっと待っててくださいね」と
ベッドに寝かされたまま放置プレイ。
どうやら、医者も(いや、前回の医者とは違う先生だけどね)『麻酔が効くまでには時間がかかる
ということを学習したようだね( ̄ー ̄)ニヤリ
そんなわけで今回はシッカリと麻酔が効いてから切られるみたいなので
きっと痛くはないだろう、と緊張しながらもベッドに横たわってたんですな。
んで、しばらく後やはりあの緑色の布を顔にかけられる。
先生が上瞼をひっくり返して何かでパチンと切った!
いっ、痛いってば!!
・・・おかしい、麻酔は?効いてるんぢゃないの???
そんなわたしの様子を見て先生はまたもや上瞼への麻酔を1本追加する(-_-;)
こ、、、これでもう大丈夫、痛くはないはずだ(ゼーゼー)と
思ってたのですが・・・やはり痛いぃぃぃ~~~。
先生が切った後、中に溜まってる膿をギュゥ~と押し出す、
そして、残ってるものを何かで掻き出す。
時間にすればきっと10分もかかってるかかかってないかだと思うんだけど
体中から汗が噴出し、着てるTシャツもきっと下のベッドも汗でぐっしょりだ(-_-;)
そんなに痛い思いをしたのにどうやら全部は取りきれなかったらしい。
「取りきれない分は抗生物質と目薬で小さくしていきましょ」と言われ
「もうやめてくれ」とココロで叫んでたわたしはコクコクと頷く。
(もう口を利くことすらできませんでした)
眼帯をしてもらってベッドから降りた。
きっとベッドにはわたしの形の汗染みが出来てたんではないかと思う。
痛み止めを処方してもらい 病室に帰るのですが・・・
片目の上に眼鏡をかけられないもんで 殆ど何も見えておりません(-_-;)
あぶなっかしい足取りで自分のベッドまで帰って行きました。
その夜は目が見えてないので本当に何もすることなかったな。
しかし、痛み止めを飲んだおかげで痛くて眠れないということもなかったな。
次の朝、回診に来たわたしの主治医が眼帯をしてるわたしを見て
笑いを堪えながらこう言ったね。
「ひ、ひょっこりひょうたん島みたいやね・・・くくっ」・・・
言わしてもらえば普段は貴方の方がひょっこりひょうたん島度は高いんやぞ!
とココロの中で中指を立ててみた(-_-;)

しかし、今まで入院しててロビーやいろんなところを歩いてて
「どっか悪いんですか?」といわれ続けたワタクシ
この日ばかりはどこを歩いててもれっきとした入院患者に見えたようだ( ̄^ ̄)V
眼帯の威力だな。
でもその絶大な威力を発揮した眼帯もその日の午後には取られ・・・
うっとおしい視界からもオサラバしたのであります。
ああ~やっと見えるっ!!
その後はまた入院患者らしからぬ姿で病院内をウロチョロしておりました。


さて、そんな入院生活を3週間も送っているとですな
いろんな方とお知り合いになるわけで。
今回わたしの入った病棟は前にも言ったようにおじいちゃんおばぁちゃんがほとんど。
たまぁ~に若い人が入ってきても夜中に救急車でやってきて即入院、
検査をして異常が見当たらなければ3日ほどで退院という方ばかりだった。
おのずとお知り合いになって仲良く言葉をかわすようになるのはおばぁちゃんだ。
まず最初に仲良くなったおばぁちゃんは70歳超。
このおばぁちゃんとは「氷川きよし君」の話題で盛り上がる♪
「わたし、歌舞伎座に観に行ってん。好きやわぁ~この子」というおばぁちゃん。
なかなかに話しが合ったのですが、わたしが入院して10日後ほどにめでたくご退院されていかれました。
次は79歳のおばぁちゃん。
このおばぁちゃんとは同室だったので一緒にお風呂に行ったり
何かと楽しく過ごしたのですが やはりわたしが退院する1週間ほど前に
めでたくご退院されていかれました。
そのおばぁちゃんと入れ違うように入ってらしたのが50代半ばの
この病棟ではヤング(←今時かよ(-_-;))の部類に入るおばちゃん。
おっ!今回はちょっと普通の会話ができるのか?などと期待していると
この方・・・SM○Pのおっかけだったらしい・・・(-_-;)
「木村くんがね・・・つよポンが・・・仲居君のケガは・・・」などと
まるでわたしには異次元のようなお話が展開されました。
ご、、、ごめんよ、わたしには全くついていけない話でした(/--)/

これら女性陣とは違う場所でお知り合いになってたのは
見事におっちゃんばっかりという・・・
オヤヂ萌えのワタクシとしてはかなりおいしい展開なのか?
しかし・・・声のいいオヤヂは1人としておらず・・・(-_-;)
そんなオヤヂ軍団からは「お嬢ちゃん」と呼ばれ、
(いったいいくつやと思うとるんや?( ̄m ̄*)ププッ)
ちょっと聖地のアンジェリークを思い出しました(ーー;)

 

                 つづく
[ 2006/10/10 21:57 ] 日々のつぶやき | TB(-) | CM(3)
普通の生活には慣れたましたか?
るるさま、おはようございます!今日は非番@鸞丸でございますー。
膨大な量の入院レポート、執筆お疲れ様でした。
遠くで心配しながら見ているしかない私には
「ああ!こんな事情やったんか」と改めて安心出来た
部分があります。
酷く痩せてしまう病気の種類って、色んな物があるし
嫌な想像が巡る事も正直あったのです…。
私が想像した物でなくて本当に良かったです!
でも、めばちこ取りの時は流石にドキドキしましたが。
そして、不謹慎で申し訳ないのですが入院レポは
読み応えがあり面白かったです(嗚呼!すみませぬ)。
私も経験があるのですが、入院生活の中にだって
「一つの社会」がありますものね(笑)。
何はともあれ、濃密な入院生活本当にお疲れ様でした。
退院出来たとは言え、無理は禁物ですよっ。
どうかゆっくりゆっくり、普通の生活に戻してくださいませね。
[ 2006/10/12 10:04 ] [ 編集 ]
イッキ読みしたよ★
やっとこさ…落ち着いたので
入院ルポ、イッキ読みしたよ!
入院中のコワ本を読める勇気にも恐れ入ったけど
なんたってメバチコ手術はイヤだな!
まだカラダに一度もメス入れたことないワタシは
メバチコにだけは一生ならんどこ!
と思ったよ(~_~;)
ワタシだったら絶対暴れて、失明してるし。
[ 2006/10/12 11:40 ] [ 編集 ]
やはり家が一番好きです♪
★鸞丸さん★
今日は非番(非番って・・・(≧∇≦)ノ彡 バンバン!)なのですね。
日頃のお疲れを一気に癒す日ですね!
そんな日に更に疲れそうなわたしのブログへ足を運んでしまうなんて・・・( ̄m ̄*)ププッ

膨大な量の入院レポなのですが・・・
まだ最終回『退院への道』が残っているのでございます。
あと1話で終わりよぉ~ん(まだ書くんかい?!)という声も
チラホラと聞こえてきそうですがな( ̄ー ̄)ニヤリ
痩せた痩せたと言ったら みんなにガンだと決め付けられておりましての(-_-;)
何せ、入院中の治療で一番痛く苦しいものだったのは
めばちこ切除だったしな・・・
めばちこの為に入院したのか?3週間も・・・とも思ってしまう。
まぁ、今は腫れあがってた瞼も綺麗に二重に戻ったし、
ヨシとしましょうか。
それに不謹慎だなどと・・・楽しんで読んでもらえればそれに越したことはないのです。(^_^)
退院後、無理はしてないつもりだけど・・・
普通にちょろちょろしてます( ̄m ̄*)ププッ


★くびしゃん★
くびしゃん、お仕事お疲れさまぁ~~♪
やっとこれで2人とも腫れて(あ、違った!)晴れて自由の身よねぇ~(^_^)
入院中のホラー本読書よりも
めばちこ切ろうとしてる女医さんの方が数万倍怖いぜよ(-_-;)
くびしゃんもブログのネタに1回イッとけ!( ̄m ̄*)ププッ
大丈夫、暴れられないように両側から看護士さんに
羽交い絞めにされるから( ̄ー ̄)ニヤリ

[ 2006/10/12 20:44 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。