スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

EMMA その2

最初にご心配くださった皆様、本当にありがとうございます。
九死に一生スペシャルのような体験をしながらも、EMMAは無事に生還いたしました!

ことの発端は25日の夕方5時ごろ。
いつもどおり、茶々丸と一緒に「ご飯くれぇ~」とキッチンにやってきたEMMA。
でも途端にその場で吐き出したんです。
猫がケロッとするのは結構よくあることなのであまり気にしなかったんです。
何度かケロケロして泡のような吐しゃ物の中にわたしが裁縫に使ってる白い糸を発見。
「ああ、糸食べちゃったのね」くらいに思ってたら まだ吐こうとしてるんです。
EMMAを見てみると、口からダラッと血を垂らしてる・・・
これはおかしいと思い、すぐにるるっ仔に協力してもらって動物病院へ車で向かいました。

病院で先生に血を吐いたと説明。
まずはEMMAのお口を開けて「口の中には傷はないですね」と出血の有無を確認。
先生がお腹や胸も触診してくれたけど「別に何ともないみたいなんですけどねぇ~」というお答え。
先生が吐いたものの中にどんなものがあったかと聞くので糸が出てきたと言うと、
もしかしたら針を飲み込んでいるかもしれないとレントゲンを撮る事に。
レントゲンを撮ってみても、なんら変わったところはなかったみたいだけど
先生が「糸みたいなものが腸で絡まると腸を縛ってしまったりして腸閉塞なんかを起こすことがあるから
家に帰って様子を見てください、1週間大丈夫だったら心配ありません」とのことでした。
EMMAは先生に「最悪の1日やったなぁ~」とアタマをなでられて帰ってきたのですが、
最悪の1日はこの日のことではなかったと後で思うのであります。

さて、家に帰ってご飯をあげてみたけど ちょっと食べて残してしまいました。
普段は人のものまで奪って食らうほどのEMMAですが、慣れない所へ行った緊張感もあるのだろうと
そんなに気にせず様子を見てました。

しかし、次の朝になったら更に食べない。
夜ご飯の前に大好きな鰹節なら食べるかも、と思ってあげてみたけど・・・
ちょっと舐めてみたら即座に嘔吐してしまう。
胃に入ってから嘔吐、という感じではないんです。
木曜日がそのお医者さんの休診日ということもあって、このまま様子を見ててもいいんでしょうか?と
電話で問い合わせてみたら、昨日の先生は「もしかしたら食堂に残った糸が詰まっているのかも、
それだと内視鏡で見て見ないとわからないんだけど、うちには内視鏡がないので
この地域の内視鏡を持ってる医院を教えるから そこへ行ってみてくれ」と言う話でした。
ただ、内視鏡検査は全身麻酔で施術されるらしく、翌日にならないと診察は無理だと
教えてもらった病院に電話をかけて教えてもらいました。
明日になったらその病院へ行ってみようと思ってたんですが、
EMMAの様子が今までとは違ってきたんです。

今まではわたしの部屋の電気座布団の上でいつもと同じように寝っ転がってたんですが
1人で2階のベッドに上がって行ったかと思うと、
近くに寄るとうなりながら怒るんです。 おまけに息の仕方もいつもと同じぢゃない。
これは数年前、お亡くなりになったハムスターさんのご臨終間近の状態を思い出させる。
マズイっ! このまま明日の朝病院が開くまでなんて待てないっ!と思い
ダンナちゃんに早く帰ってきて夜間の救急動物病院へ連れて行ってくれっ!と電話をしました。

ダンナちゃんが帰ってくる間に救急動物病院に症状と来院の予定時間を告げ
EMMAと家族3人で車で出発。
救急動物病院へ着いたのが10時半頃だったかと思います。
しばらく待ってたら診察室へ呼ばれました。
今までの経過を報告し、EMMAを診察台の上に載せる。
女医さんがやはりまず最初にEMMAの口を開けて口の中を確認。
すると「ああ、針がありますね」とわたしの方に開いた口を見せてくれた。
EMMAの下顎の奥の方から針の先がコチラを向いて少し見えた。
もうその瞬間にヘナヘナ~と倒れかけたね・・・
いつもはグロイ映画などを好んで見てますが、もっとはっきり見せてくれようとする女医さんに
「わたしはもういいです~」とダンナちゃんに説明を聞く役を代わってもらった。
とりあえず抜かなければならないのは確実だけど レントゲンを撮ってみて見えない部分がどうなってるのかを確認することに。

そしてEMMAはレントゲンを撮るために連れて行かれ、後数時間姿を見ることはなかったんです。
出来上がったレントゲンはコチラ↓ 見事に針が刺さってるのが一発でわかります。
08-03-27.jpg

コレを見た途端、こんな状態で1日以上も過ごしてたのか、痛かっただろうし苦しかったんだろうに
なんでもっと早く気づいてあげられなかったんだろうと可哀想で申し訳なくって倒れそうになりました。
とにかく早く取ってやってくれと思ったのですが、やはり全身麻酔なので血液検査をしなければいけなかったり
朝から水も口にしてなかったので水分補給の点滴をしたり いろいろと準備があるようです。
「点滴が終わって麻酔をする前に一度EMMAちゃんのお顔を見てもらいますので呼びますね、
それまでお待ちください」と言われ、わたしたち3人はこの後ただひたすら待つことに。
時間はいっぱい過ぎていって 夜中の1時半頃だったか 呼ばれて処置室のケージの中に入るEMMAに対面。
すっかりビビッてます・・・
点滴の針を抜かないようにとエリザベスカラーまでつけられて
もしかしたら麻酔で目が覚めなくなるかもしれないからおっきなグリーンの瞳を開いてるEMMAを見るのは
これが最後になるかも、なんて思ったらとても立ってられない感じです。
それでも「EMMA、頑張ってね、待ってるからね」と言い残してまた待合室での長い待ち時間が始まります。

そして、夜中の3時も過ぎた頃 女医さんに診察室に呼ばれ結果報告してもらいました。
結局EMMAの針は「こうやって抜くことができたら一番いいんですけど」と言われてた方法で抜いてもらえ、
その後 食道や胃にも内視鏡で傷がついてないかなんかを確認してもらったそうですが
それも大丈夫だったみたいです。
突き出ていた口内だけがやはり傷になっているので抗生物質の注射をしてもらったそうです。
この注射は12時間持続の分なので明日もかかりつけの病院で注射を打ってもらうようにと
いわれたのですが、例の病院は休診日。
かわりの病院を探してもらい、もうすこしお待ちくださいと言われ、また待っていると・・・
やっとEMMAがわたしの手元に帰ってきました!!
もうすっかり麻酔からも覚めていておっきな目でキャリングケースの中からコッチを見てます。
還って来た、還って来た~と本当にうれしかったです。
その後、当然の如く御支払いを済ませるのですが・・・動物病院って驚く値段なんですよね。
それも夜間救急ときたもんだから 普通のところよりも更に割高です。
そして、支払明細書がコチラ↓
08-03-27-1.jpg

確かに、この金額は高額だと思います。
でもね、このぐらいでEMMAで元気に手元に帰ってきたんなら 本当に安いもんです。
治療していただいた方、皆に心の底から感謝してます。
EMMAにだけは優しいうちのダンナちゃんはこの3倍は軽くすると思ってたらしいですが
それでも「いくらになってもいいから出来る検査は全部しといてくれっ!」と女医さんに訴えてましたし。
お金はね、出て行った分は後から何とでも補えると思うけど
EMMAの変わりはどこを探しても絶対に見つからないですからね。

そんなわけで救急動物病院を後にして 家に帰りついたのが4時半頃です・・・疲れた。


そして、もちろん一番最初にわたしの机の針山を2度といたずらできないようにしたのです。
↓こんな感じ。
08-03-27-2.jpg

面倒だけど、使ってる最中でもその場をちょっとでも離れるときにはこのタッパーになおすことにします。
今までもまち針を打った生地なんかはその度にボックスに入れてたんだけど・・・
まさか針までパクろうとするなんて思いもしなかったもん。
しかし・・・なんでも口に入れたがるEMMAにはこうして対処するしかないな。

そして、口から針の抜けたEMMAは術後6時間を過ぎたら食べていいと言われてたので
今朝遅めの朝ごはんをあげたんですが・・・・
食べるかな?との心配は全く必要ないくらいの食べっぷり↓
08-03-27-3.jpg


その後、紹介してもらった病院へ注射を打ちに行ってきたのですが
もう、明日からは注射もしなくていいということだったので ひとまず安心。
今はいつものように電気座布団の上で気持ち良さそうに白目を剥いて眠ってます(^_^)
08-03-27-4.jpg



とにかく、わたしも心配で眠れないし、食べられないし・・・の地獄のような2日間でした。
記念に何故か針の刺さったところがバッチリ写ってるレントゲン写真がわたしの手元に残ったのです(-_-;)

しかし、無事に生還できてホントによかった♪
様子を見とこうなんて思わなくてよかった~。

今回は本当に、最新設備の揃っている救急動物病院のありがたさが身に沁みました。
ペットを飼ってらっしゃる方は是非急場で焦らないように
お近くの夜間救急動物病院を確認されておくことをオススメします。


そんなわけでEMMAはやっといつもの元気なEMMAになりました(; ;)


[ 2008/03/27 13:49 ] 日々のつぶやき | TB(-) | CM(10)
よかった~~~~
EMMAちゃん、痛かったでしょうに
よく頑張りましたね!ほんと、よかった!!
どうしただろうと心配で心配で。。(/_;)
るるさんも食べてないんだろうとか思うと更に心配で(/_;)
かかったお金も大きいけど、EMMAちゃんの存在はどんなものともかえられないですもんね。
よかったです。EMMAちゃん、おかえり♪
[ 2008/03/27 15:51 ] [ 編集 ]
よかったね!
エマ、がんばったね!
子供の頃飼ってたダックスが骨付きの鶏肉食べて
吐血したことがあって、エマも尖ったもの食べたかなと思ってんけど、まさか針を食べてたとは・・・

けど、夜中に連れて行ってあげて正解やったね!
もう少し遅かったら、もっとエマしんどい思いしたもんね。

それにしてもダンナさん…エマやったら仕事早く帰ってこれるんやねぇ。ふぅ~んそうなんかぁ。ケロケロ吐くかもわらかんのにエマやったら車に乗せてあげるんやねぇ。ふぅ~ん。この3倍の治療費も覚悟してたんかぁ。ふぅ~ん。ふぅ~ん。ふぅ~ん。。。
[ 2008/03/27 17:03 ] [ 編集 ]
★MISAOちゃん★
(敢えて今日はマックさんとは書かないわ)
心配してくれてありがとー<(_ _*)>
わたしも生きた心地のしない2日間でしたが
お医者さんってスゴイなっ!と改めて思った出来事でもありましたな。
お金なんていいねん、、、どうせカードのボーナス一括払いで払ってきたし( ̄m ̄*)ププッ
これからEMMAの治療費を稼ぐわぁ~(^_^)v
ありがとうね♪


★蒼さん★
蒼さんもありがとうね(ノ ̄〓 ̄)ノ ちゅ~
そうそう、一番最初に「魚の骨とかやってないですか?」って聞かれたな。
やはり専用の食べ物の方が何かと安心よね。

うちからは遠いところでわたしでは車を運転して行けない病院だけど
行っといてよかったわ。
だって行くまで何でEMMAが元気ないのかわからなかってんもん(-_-;)

ダンナちゃんな、ダンナちゃんの実家のお母さんも驚くほど可愛がってんねん(;= =)
ケロケロどころかEMMAはあの日朝からトイレしてなくて
病院でもかなりオシッコが溜まってますねって言われてたのに
帰りまでしてなかったのに平気で車に乗せてたで。
るるっ仔なんかさした後の傘の水滴を払わずに車に乗り込んだって
怒られてるのにな(T∇T)ノ彡☆ばんばん

[ 2008/03/27 20:11 ] [ 編集 ]
あーあーあー
優しい私はスルーしてみたのに
そんなに『ふぅ~ん』を連発したらダメですよ、蒼さん♪
そりゃ~、るるさんが○×▲○の時は
ダンナさまってばピーでピーだったでしょうけど
そんなに『ふぅ~ん』って言ったらるるさん悲しみますって!
そっとしておいてあげましょうよ、蒼さん♪
[ 2008/03/27 20:14 ] [ 編集 ]
よかった~
まさか針?と思ってたらそうだったんやね。
EMMAちんの食欲も戻ったことやし、るるさんも食欲戻すよ~にねv-218
[ 2008/03/27 23:55 ] [ 編集 ]
び、びっくりしたぁ・・・
PC不調でほぼ2日ほど落ちていたら、こんな事が起きてたなんてっ!
EMMAちゃん、よくがんばったね。
るるさん、しんどかったでしょう…。お察しいたします。
獣医さんにあずけた後、ドアの向うに置いてくる時の不安って、
言葉には出来ないですよね。

私も、獣医は最新の技術と設備のあるところが何よりだと、昨年思い知りました。
るるさんの行った夜間救急病院は良心的だと思います。
説明もちゃんとしてくれたようだし、料金も猫ちゃんなら安い方なのでは?
うちはハムスターの腫瘍摘出&2泊の入院で4万以上しました。
これでも大事な家族の為なら安いと思えます。

でもホント、EMMAちゃん無事に帰ってきて良かったですね。
るるさんもた~んと食べてくださいね。
[ 2008/03/28 00:18 ] [ 編集 ]
哀しみの小部屋より、歓びを!
うおおおおお!
ここ数日、ワタシもネット落ちしてたんで
驚いたよーーー!
るるちゃんも大変だったネ。
今日から某Y吹と哀しみはじめつつ
さっきココみたら、大変な数日だったことを知って
ドキドキしながら読んだよ!
奇声もあげたよ!
そして、胸をなでおろした。
とにもかくにも…無事にEMMAちゃんが
驚異の回復をしてくれて
本当によかったねーーーー!
心配のリバウンドで…るるちゃんの方が
体調くずさないようにネ。
[ 2008/03/28 02:07 ] [ 編集 ]
ダンナさん
エマと結婚したらええねん。
[ 2008/03/29 14:12 ] [ 編集 ]
よかった。よかった(感涙)
エマちゃん(君?)治ってよかったです!!!最初の報告でずっと心配しました・・・。まさか針とは・・・。にゃんこは何口にするかわかりませんね。私の最初のにゃんこは絵の具だかクレヨンだか口にして死に掛けましたよ・・・。救急病院って大事ですね。エマちゃんよかったね!!!
るるさんお大事になさってください。
るるさん倒れたらエマちゃん気にするよ。なんちゃって(笑)
お大事に!!!
[ 2008/03/29 14:43 ] [ 編集 ]
★マックさん★
それをシッカリ指摘してくるあなたもツワモノよのぉ~( ̄ー ̄)ニヤリ


★ぎゃおさん★
針食べるなんて誰も想像せぇへんよねぇ~(-"-;)
EMMAが食べてないうちは「あんなに大喰らいの仔が食べられないのに・・・」
とか思ってわたしの食も細ってましたが
今では両方ともバカバカ喰ってます( ̄m ̄*)ププッ
ちなみにるるっ仔はずっとバカバカ喰ってますorz
あ、例の新作2本 用意出来てるのでそのうち発射しますねぇ~。


★季月さん★
季月さんもご心配ありがとう(^_^)
そうなのよ、獣医さんに預けたら安心なのにますます不安に。
姿が見えないもんね。
わたしは子供顔負けな感じで処置室の一角がちょろっとだけ見える
待合室の壁際にへばりついてEMMAの様子が見えないかと顔をこすりつけてました(ーー;)

ハムスターの診療費も高いわよねぇ~。
わたしも以前診てもらうだけで1万円弱とられましただ(; ;)


★くびしゃん★
哀しみ真っ最中のお部屋からありがとう。
EMMAもタイヘンだったけど周りもオロオロよ。
うちの実家の母なんかも毎日電話かけてきてたもんね。
今回はホントに「聞き耳ずきん」が欲しい!と切に思ったよ(>_<)
わたしの方は「まさか花粉症?」が気にかかるくらいです( ̄m ̄*)ププッ
山〇ちゃまにもご心配かけてスマヌ!と言っておいてくださいまし(* v v)。


★蒼さん★
EMMA、♂やしな・・・(T∇T)ノ彡☆ばんばん


★ぱんださん★
ご心配いただいて本当にありがとうございます
&すみません~(; ;)
ホントに猫は何でも口で確認しますからね。
昨日もあんなことがあったの輪ゴムを咥えようとして
ダンナちゃんにこっぴどく怒られてました┐(  ̄ー ̄)┌ フッ
絵の具やクレヨンなんかも怖いんですね。
そう言えば、わたしが救急病院の待合室にいた間にも
ヨークシャーテリアの仔犬が画鋲を呑んだとかでやってきてました。
でも、とにかく何とか助かってよかったです(/_;)クスン
わたしの方は猫が元気になれば元気ですので大丈夫です(o^-')b グッ!
本当にご心配いただいてありがとうございました<(_ _*)>
[ 2008/03/29 19:24 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。