スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

茶々丸 その4

下の「茶々丸 その1」「茶々丸 その2」「茶々丸 その3」を読んでからこちらを読んでくださいね。










本日、午前7時9分 茶々丸が虹の橋
へ向かってしまいました。


1988年9月5日生まれの21歳と5ヶ月での旅立ちとなりました。




(先日リンクさせていただいた【虹の橋】は2部構成だったのですが、


「雨降り地区」という3部目も掲載されているリンク先にさせていただきました。)




























昨夜はすでにぐったりしてしまっていた茶々丸。


夕方くらいから体温が下がってきてたのか、手や足が冷たくなってました。


茶々丸の横に布団を敷いて、るるっ仔と就寝しましたが


茶々丸の様子が気になって、


うつらうつらしては起きて確認する、ということを何度か繰り返していました。


そのうちに眠ってしまったらしくて、布団から出してたわたしの手を触る感触で目が覚めました。


目を開けると、茶々丸がわたしの近くまでゴロゴロと移動してきてて


白い手を伸ばしてわたしの手にタッチしてました。


もう足は動かないし、どうやってマットの上からココまで移動してきたんだろうと思うと


愛しくて、可愛くて・・・


しばらくそのままわたしの手にタッチしてから身体の向きをゴロンと変えて


部屋の端の方に行ってしまったのでそのままにさせておきましたが


身体が冷えるといけないと思い、「マットの上でもうおやすみしようね」と


マットの上に移動してあげました。


そのまま朝まで動かずにいたようです。




わたしはいつもどおり朝5:40頃に起きたのですが


茶々丸は昨夜と同じようにマットの上で息をしてました。


キッチンに向かいるるっ仔のお弁当を作り、


朝ごはんの用意をして茶々丸の様子を確認しようと部屋に戻りました。


「茶々丸~」と声をかけて頭を撫でようとしたら


突然茶々丸が両手両足を緊張させ始めたので


2階の自分の部屋で学校へ行く用意をしてたるるっ仔を呼び


るるっ仔にダンナちゃんを呼んでもらいました。


2人とも急いで下りてきて大きな息をしだした茶々丸に


「茶々丸、茶々丸」と呼びかけます。


わたしもアタマを撫でながら、「ありがとう、ほんっとうに茶々丸と一緒にいられて幸せだったよ


もう十分頑張ってくれたから、頑張らなくていいよ ホントにありがとうね」と声をかけてました。


数回の大きな息の後、茶々丸はとうとう旅立ってしまいました。


わたしとるるっ仔はもちろん大泣き、ダンナちゃんも泣いてました。


開いてた目とお口を閉じてあげて、両手両足を丸めてあげて


るるっ仔と2人で茶々丸の身体をお湯で綺麗に拭いてあげました。




ダンナちゃんは「茶々丸にベッドを買ってやるっ!」と言って


お店の開く時間に出かけていきました。


帰ってきたら大きなバスケットと綺麗な生花を・・・


「パパが茶々丸に買ってきてくれたよ、よかったね」と声をかけながら


茶々丸を移動させてあげました。


バスケットの中にはるるっ仔と遊んでた大好きなおもちゃを。


バスケットの前には今まで食べられなかった猫缶とお水、


それに大好物の鰹節とドラ焼きを置いてあげてます。




茶々丸はきっと今頃苦痛や足が動かない不自由さから開放されて


前みたいにチョコチョコしてると思います。


でも、もう2度と家の廊下で茶々丸を見ることも


階段から茶々丸の足音が聞こえることもないんですね。


蒼さんとの電話中に「早くその電話を切れぇ~」とものすごくうるさく鳴くこともないし・・・


EMMAはボイスレスキャットと言われるくらい鳴かない種類の猫なので


もう我が家には猫の「にゃ~」という鳴き声が聞こえることもないんですね。




亡くなる前日まで身体が動く限りわたしの後をついてきて


顔を見上げては「ニャ~ニャ~」鳴いてたのは何か言いたかったんでしょうか?


いくら21歳の高齢猫とはいえ、もっと何かしてあげることはなかったんでしょうか?


茶々丸は21年もわたしといて幸せだったんでしょうか?


もう一度、茶々丸をもらってきた日からやり直せたら、


今よりももっと良いママになって幸せにしてあげられるのに


そんなことを思いながらこの記事を描いてます。




茶々丸のことを心配してくれたアミーゴの皆さん、


このブログを読みにきてくれてる皆さん、


本当にありがとうございました。


茶々丸はたくさんの方に気にかけていただいて幸せだったと思います。








るるつぶのお針箱


昨日の午前中、わたしの後をついてキッチンのいつものご飯場所で。






るるつぶのお針箱


お昼過ぎ、電気マットの上で。






るるつぶのお針箱


夜、わたしが使ってる毛布の上で。


いつもこの毛布の上からわたしの身体に乗って眠ってました。








この下はバスケットに入ってる茶々丸です。


イヤだとも終われる方はここから先には進まないでくださいね。








































































るるつぶのお針箱


アタマや手を触ったら、ビクッとして目を開きそうです。


本当にいつもと同じで眠ってるようにしか見えません。


でも・・・もう目を開けてくれることはないんですね。


「にゃ~」と鳴いてくれることも。


明日から茶々丸が起こしてくれなかったら


わたしは朝起きられないよ・・・











[ 2010/02/10 14:03 ] 猫にゃんず | TB(-) | CM(11)
1 ■るるさんへ
茶々丸は、るるさんと一緒にいられて
本当に幸せだったと思います。
最後まで側にいられて、見守られて・・・
人間にとっては短いけれど
猫にとっては長い長い時間を生きられて
本当によかったと思ってるんじゃないかな。

茶々丸、最後まで頑張ったね。
いいコだね。
[ 2010/02/10 20:19 ] [ 編集 ]
2 ■無題
私にとっても茶々丸は特別なコやった。
「茶々丸、うるさい!」てゆうたら
よけいに大きな声で鳴かれて真剣にケンカしたっけ。
もう電話の邪魔されることもないんやけど・・・
全然うれしくないわ。

でも、最後まで本当によくがんばったよね。
みさおさんのゆうように、茶々丸は幸せやったと思うよ。
ありがとうって言いたかったんかなぁ。
これからは天国から見守ってくれるんやろうね。
[ 2010/02/11 12:20 ] [ 編集 ]
3 ■お悔やみ申し上げます
茶々丸ちゃん

頑張ったと思います。

ウチの子達は事故や病気

で悲惨な結末を…

7日間泣きました。

パパさんもママさんも

どうぞ泣いてください。
[ 2010/02/12 08:09 ] [ 編集 ]
4 ■大丈夫ですか?
大変でしたね。大丈夫ですか?

るるさんやご家族の皆さんとの日々、茶々丸さんは幸せだったと思います。
茶々丸さんがるるさんと過ごした日々を不幸だと思っていたら、るるさんも幸せではいられなかったはずです。
るるさんが幸せだったんですから、きっと茶々丸さんも幸せだったはずですよ。

これから暫くは茶々丸さんとの日々が思い出されると思います。
でもそれは茶々丸さんがるるさんに「こんなこともあったね。あんなこともあったね。」と語りかけているんだと思います。
だからたくさん泣いてちょっぴり笑って、心の中の茶々丸さんとたくさんの思い出話をして下さい。

そしてゆっくりでいいので少し元気が出てきたら、またこのblogに帰って来て下さいね。
私はるるさんのblogが大好きです。
またこのblogでるるさんに会えるのを楽しみにしています。
[ 2010/02/13 16:33 ] [ 編集 ]
5 ■ナプキン涙目w

ナプキンがどこまで液を吸収するのか実験してみたくて
ナプキンの上からマンクリ刺激して遊んでたんだが、、、、、、

2人とも潮 吹きすぎで、ナプキン全っっ然!役に立ってねぇwww
http://man5.jasdavis.com/en9iyii/



実験の結果、ナプキンの無駄遣いという結論になりますたw
[ 2010/02/20 18:05 ] [ 編集 ]
6 ■Re:るるさんへ
>MISAOさん

温かい言葉をありがとう(^_^)
いつものMISAOちゃんからは決してかけてもらえないような言葉で
るるちゃん感動したわ。
そうよねぇ~、人間年齢に換算すると100歳は超えてたもんね。
やっぱり最後までむちゃくちゃかしこい子やったわ♪
[ 2010/02/23 08:45 ] [ 編集 ]
7 ■Re:無題
>◆蒼◆さん

蒼さんもありがと♪
そうそう、よく電話越しにケンカしてたよねぇ。
猫相手にそんなに真剣にならんでも・・・と思ったもんやった。
蒼さんもケンカ相手がいなくなって寂しくなったわねぇ( ̄m ̄*)ププッ
天国からEMMAのしつけをして欲しいもんだと思ってます(-_-;)
[ 2010/02/23 08:47 ] [ 編集 ]
8 ■Re:お悔やみ申し上げます
>★寛子(天然脱力系)★さん

コメントいただいてありがとうございます。
寛子さんにまで誉めていただいて
きっと茶々丸もうれしそうな顔をしていると思います。

事故や病気でなくされるのは辛いですね。
うちの子は老衰だったと思われますが
それでも残された者にとっては大打撃でしたもの。

暖かいお言葉を本当にありがとうございます。
[ 2010/02/23 08:50 ] [ 編集 ]
9 ■Re:大丈夫ですか?
>チチェロさん

チチェロさんもお声をかけてくれてありがとう♪
そうね、あの子は幸せだったと思います。
だって、るるっ仔よりも可愛がったもんね。
いつも猫に1番を取られてたるるっ仔は
ひねくれて育っておりますが( ̄m ̄*)ププッ

こんな役にも立たないブログを気に入ってくださってありがとうございます(^_^)
またチチェロさんにも楽しんで読んでもらえるように
頑張りますわ(^_^)v
[ 2010/02/23 08:53 ] [ 編集 ]
10 ■Re:ナプキン涙目w
>犬っころさん

>ナプキンがどこまで液を吸収するのか実験してみたくて

↑洗濯機に突っ込んで回してみられると
良い結果が得られるかと思いますが・・・ヾ(  ̄∇)ゞオーホホホ
[ 2010/02/23 08:54 ] [ 編集 ]
11 ■無題
茶々丸ちゃん こんにちは

茶々丸ちゃんは 21歳5カ月 すご~い長生きで来て良かったね(=^・^=)
毎日優しい家族といっしょ♪に楽しく暮らせてとっても幸せだったね
旅立ちもお家でみんなに見守ってもらえて良かったね
みーこのそらと出逢えていっしょに遊んでくれてると嬉しいな(^◇^)
茶々丸ちゃんありがとう
[ 2010/04/21 13:54 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。