スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

茶々丸 その後・・・ペットの葬儀

もうついでに書いとこっとかえる1






愛しいペットとのお別れっていうのは本当に辛いけど


ペットと暮らしている以上避けては通れないものですよね。涙




でも、いざその時にどうしたらいいのか?っていうのは


なかなか気も動転してると難しいのではないかと思います。


なので、今回わたしが体験したことをついでなので書いておこうと思います。


もしものときに「あんなことどっかで読んだような気がする」と


いうだけでも違うかな?って思いますので。




わたしの場合、茶々丸は21歳の超高齢猫ということもあって


具合が悪くなった時点で「ああ、もう残された時間は多くはないな」と思ったので


逝ってしまった後、どうしたらいいのかを調べ始めました。


大切な茶々丸なので慌てて後で後悔するようなことは


絶対にしたくないと思ったんです。




で、まず逝ってしまった後 わたしがどうしたいのかというのを考えました。


わたしはとにかく茶々丸が完全にわたしの元から


消えてなくなってしまうことはイヤだったので


お骨を近くに置いて寂しいときには今でもココにいるよと思いたかったのです。




それを第一に、ペットの火葬をしてくれるところを探しました。


わたしの住んでるところには市の火葬場が近くにあって


母の話によると、母の近所の人なんかはペットが逝ってしまったら


そこに持ち込むという話だったので


とりあえず電話で問い合わせてみました。


そこならわたしが1人の日でも自分で車で行けるもんね。


電話で聞いてみると、いつ持ってこられても結構ですが


合同火葬になりますのでお骨は御返しできませんとのこと。


これではダメなのですぐさまココは却下!


ちなみにお代金は1匹1.800円でした。


(わたしの市の火葬場ではそうでしたが、


市営のところでも個別火葬をしていただけるところもあるようですので


一度問い合わせてみられるのが良いかと思います。)




次はペットの火葬を専門にやられている業者さんを当たることになるのですが


コレはホントにいろんな業者さんがたくさんおられます。


業者さんではほとんどが合同火葬と個別火葬、どちらも執り行っておられて


希望を聞いていただけます。


このたくさんの業者さんからわたしが選ぶポイントにしたのは、


わたしは車に乗りますが、遠くまでは怖くて運転できないのです。汗


ダンナちゃんがお休みの日ならどこの業者さんでもよかったのですが


休みでなかったら・・・・行けないガクリ


でも、業者さんの火葬場は結構どこも我が家からは遠かった。




そこでわたしが選んだのが、火葬車で自宅まで迎えに来てくれて


近所で火葬にしてくれるのでその場に立会い、拾骨も自分達でさせてもらえるというところ。


わたしが選んだのは愛ペットエンジェルリング
という業者さん。




時間も日にちも希望を聞いていただけます。


我が家はるるっ仔が学校から帰ってから、18:00頃にお迎えに来ていただくようにお願いしました。


家の前までやってきた火葬車は普通のワンボックスカーです。


ご近所にもまったく火葬車だとはわからないと思います。


車を停めて火葬を行う場所はスタッフさんが探してくれます。


我が家の場合は、前述の市の火葬場の駐車場が広くて人通りもないので


そちらで行うことになりました。




立会い火葬を選択したので火葬炉の扉が閉められる本当に最後まで


家族全員で茶々丸を見送れたので満足でした。


スタッフの方も他人から見ればただの猫1匹なのですが


最後まで本当に丁寧に優しく扱っていただけてうれしかったです。


そうそう、炉に入れていただく前に「こちらが猫ちゃんのお数珠となります」と


言われて渡された透明の小さな数珠。


それを茶々丸の左手に通してあげて、炉の中に旅立ちました。


今まで数珠とかにそれほど何の思い入れもなかったのですが、


小さな細い手にはまった数珠と一緒に旅立っていく茶々丸を見てたら


ああ、このお数珠にも導いてもらえて安らかにあちらの世界に


旅立っていけるのね、と暖かい気持ちになりました。




その後、火葬車の横に停めた車の中で役1時間・・・


次に扉が開いたときには真っ白な骨になってました。


もう、ふわふわの毛も大好きだったプニプニの肉球も無くなってしまったけど


スタッフの方の指示にしたがって家族3人で


ひとつずつ骨壷に納めていきました。


申し込みをしたときに「お骨は全部持って帰りますっ!」と


わたしが言ったので 猫ちゃんにしてはかなり大きな骨壷ですが。


拾い終わった骨壷は綺麗なカバーに納められて


わたしが抱っこして家に帰ってきました。




とても哀しくてつらいことでしたが、思うように最後まで見送れて


わたしは満足です。




只今茶々丸はこんな具合になってます↓


るるつぶのお針箱



我が家のダイニングの出窓です。


いつも茶々丸はこの出窓に座って、


私達がご飯を食べるのを見てたのでココにいてもらうことになりました。




わたしの場合、お別れまでにはそう時間がないとわかったので


その前からいろいろと準備をしてあげることもできました。


逝ってしまう前に可愛い手形を残しておきたくて


粘土に押し当てて肉球の型を取ったプレートにすることも出来ましたし


逝ってしまった後にも3色の毛とおひげと爪を切らせてもらって


手元に残してあります。


茶々丸がお骨になってしまった後、本当に残しておいてよかったと思ってます。




この記事が、可愛い子をなくされたときに


思い出していただけてお役に立てればうれしいです。




ペタしてね









[ 2010/02/23 08:40 ] 猫にゃんず | TB(-) | CM(2)
1 ■無題
るるさんが、少し元気になってきて良かった♪

葬儀のことは知りたかったから情報はうれしい。
地域によって違うんやね。
早めに調べておいたほうがいいよね。

ワタシもイチのお骨は全部欲しいけど・・・
骨格ががっちりしてるから
マスクメロンが入るぐらい大きな骨箱になってしまうかも。

今日もオムツからシッポ出して寝てるよ。
赤ちゃん返りしてわがままになったけど、かわいいわ。
[ 2010/02/24 13:51 ] [ 編集 ]
2 ■Re:無題
>◆蒼◆さん

そうそう、市営の火葬場はいろいろ違うみたい。
いやなことだけど、早めに調べておく方が
慌てずに後々も後悔しないような気がする。
わたしも漠然とどうしたらいいのかとかは
一昨年くらいから調べてたもんね。

きっとマスクメロン並みの骨壷もあるって~( ̄m ̄*)ププッ
もっとデッカイ犬種とかもいるんやから。
でも、、、たいてい30キログラムを超える場合は
『要相談』とかって値段もハッキリ出てなかったりするのよねぇ~(@@;)

オムツ姿はホントに可愛いよね。
うちも残りのオムツがあるから今度EMMAに試してみようかな?
でもヤツの場合、食い破りそうな気がする(ーー;)
[ 2010/02/24 18:57 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。